18.abril.09 『スラムドッグ$ミリオネア』

 アカデミー賞を総ナメにし,本日より公開された映画です.
 終わっての感想はダンナと同じく「こりゃ,『ベンジャミンバトン』負けるわ」でした.
画像


 あるスラムの少年が大きくなって,彼女に見て欲しいがために「クイズ・ミリオネア」に出ることにしました.
 そして,最高賞金の1問手前まで正解が続きました.
 しかし,「スラムドッグ」と呼ばれ,教育を受けていない,ということを理由に不正があったのではないか,と一晩かけて拷問まじりの尋問を受けます.
 どんな拷問にも耐え,ようやくひとこと.「不正ではない」.
 何故答えを知っていたか,そこには不正はありません.これだけは言っておきます.
 教育を受けていない彼が,どうやって問題の答えを言うことができたのか.
 そこにはどんな生活があったのか.
 インドの歴史とともに,少年期から遡ってつづられていくストーリーは圧巻です.

 そして2晩目.とうとう最高賞金額をかけて最後の1問.
 市民の熱狂ぶりが観ている側にも伝わってきます.
 手に汗を握る最後の瞬間は今も忘れられません.

 「D: 運命だった」
 キャッチコピーにもありますが,「運ではなく,運命だった.」
 これが頭から離れません.
 偶然の出来事も,実は運命なのかもしれない.
 そうなるとは思っていないことでも,そうなるような運命なのかもしれない.
 …そんなことを思いながら,ダンナと昼食にインドカレーを食べていましたf^^;)
 劇中では,殆ど「食べる」シーンはないのに,ね.

 最後に.
 観に行かれる方,最後の最後,館内が明るくなるまで席を立たないでくださいね.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック