08.marzo.09 『さまよう刃』

 昨日,特急の往復,研修の休憩時間,駅で迎えを待つ時間,CCRを寝かしつけた後の時間を使って,一気読みしました.

 東野圭吾の本はどれもこれも面白い.先を読ませようとするテクニックは天下一品と思います.

 今回のテーマは「殺された娘のあだ討ち・犯罪被害者の声」.
 重すぎですし,ダンナからは「お前は読まん方がいい」と言われていました.
 事実,旭川に戻ってきてすぐにトイレへ駆け込んだほどです.

 今回は犯人も分かっているし,ラストもどうなるか想像がつくのですが,それでも先を読まずにはいられませんでした.

 娘に限らず,子を持つ人の気持ち.
 それは犯罪者側であろうと,被害者側であろうと同じです.

 でも許されないことは一つ.
 絶対に人をあやめてはいけない.

 ただ,自分が長峰の立場だったら…は考えないことにします.

 ドラマ・映画化は不可能だと思いますが,長峰役は年はかなり離れますが健さんがエエなぁ….
 あ,もちろん,高倉さん,です.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック