25.diciembre.06 『のだめカンタービレ』最終回.

 音楽って,やっぱりええなぁ….
 音を楽しむ.そのものやもんなぁ….

 その昔,「音大に行きたい?!それやったら,ピアノはあそこの先生,声楽はどこそこの先生,と師事せんとあかんで」と言われて,あっさりばっさり音楽から身を引いたことを今日の最終回を見て思い出しました.

 あの時は,「師事」=「お金がかかる」で,「お金をかけてまで音楽したないわ!」とやめたんやんなぁ….
 でも今考えると,「師事」=「お金がかかる」=「それだけの覚悟で音楽と向き合えるか」,ということを問われていたんじゃないかと思う.
 
 今でも歌い,弾き継がれているような名曲を作ってきた人たちは,歌や曲の一音一音を大事にしてきた.
 だからこそ,真剣にその人・音と向き合う覚悟が要るんやと思う.
 
 今は一作業療法士として.お年寄りたちと歌うことがある.
 それはとても楽しいひとときやし,昔から歌い継がれている素晴らしい曲を知ることができる貴重な時間.
 
 それとは別に,自分も音にめぐりあって,向き合ってみたくなりました.
 そんなことを考えさせてくれたドラマ『のだめカンタービレ』に感謝です.

 ドラマは終わったけど,深夜枠で放送予定のアニメ『のだめ』も楽しみです.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック