29.octubre.06 道の駅案内。

 夕方、CCR号のオイル交換を済ませた後、道の駅『ひがしかわ「道草館」』へ行ってきた。
 国道39号線から環状(道道90号)へ入り、途中、東川方面へ左折。
 しばらく走ると、道道37号線との交差がある。
 その付近で道の駅ひがしかわへの道案内表示が出る。これが何と、 「あと6km」なのである。

 北海道の道を走っていると、少なからず道の駅への案内表示板に出くわす。
 だいたいは2kmから表示されている。
 2kmの次は1kmで、最後は「こっちですよ」の“→”表示。
 それが、ひがしかわに関しては6kmから存在しているのである。
 更に、6kmの次は5km、そして普通の2km。
 最後には何と、150mの表示が出現!信号の向こうに建物が見えているにも関わらず、150mの表示を出すとは何事か。
 人をバカにするにもほどがある、と怒りたいのをぐっとこらえて「まあ、土建屋との癒着が甚だしいですなぁ」とダンナとぶつぶつ。
 
 最近、看板や標識について「うるさいなぁ」と言いたくなる。
 交差点手前300mの看板て要るのか?
 公衆トイレの「今日もきれいにお使いいただいてありがとうございます」という掲示は必要か?
 ああいう掲示や標識・のぼりにくだり…ぢゃなかった、看板なんかを必要最低限までにしたら、どれほどすっきりするやろか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック